電子マネー、QRコード決済、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ちゃんと価値があっておすすめできるゴールドカードはどれだ【2021年度】

おすすめのゴールドカード

ゴールドカードは年会費がピンきりですが、一般カードやプラチナカード、ブラックカードなど、全てのカードのランクの中で、最もコスパが重視されるランクだと考えます。海外に行かれる方は保険の面でほぼ必携と言われるのもこのゴールドランクです(それ以下だと補償額があまりにも心もとない)。

「年会費を払ってもいいけど、その分のサービスがついているんだろうな?」という観点から当サイトの管理人である筆者自身も見直したいと思ったので、この機会に各ゴールドカードのメリットとデメリットを一気にまとめてみます。実際に筆者が検討したもの(保有しているもの)が中心です。

ここでは、出来るだけ各ゴールドカードのネガティブな面をメインで綴っていきたいと思います。ネガティブな意見を見ても作りたいと思えたカードを作れば良いのではないでしょうか。検討したのは以下のカード。

カード名年会費(税込)主な特徴
三井住友カード ゴールド5,500円条件達成で無料ポイント/ブランド/格安
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード31,900円ブランド/優待/旅行保険/ラウンジ*
JAL CLUB-Aゴールドカード17,600円ポイント(マイル)/旅行保険
ANA VISAワイドゴールドカード15,400円ポイント(マイル)
TRUST CLUB ゴールドカード13,200円旅行保険/ラウンジ*
JCBゴールドカード11,000円ブランド/旅行保険
楽天プレミアムカード11,000円ポイント/ラウンジ
ビューゴールドプラスカード11,000円優待
dカードGOLD11,000円ポイント/優待/旅行保険
Amazon MasterCardゴールド11,000円ポイント
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード11,000円優待
エポスゴールドカード5,000円条件達成で無料ポイント/格安
三菱UFJカード ゴールド2,095円ブランド/格安
イオンゴールドカード無料優待/格安
  • ブランド・・・プロパーカードの上位カードでステータス性がある。
  • 優待・・・独自の優待がお得、便利。
  • 旅行保険・・・ゴールドカードは基本的に旅行保険が充実しているが中でも内容が充実している。
  • ポイント・・・ポイント還元率1%以上。
  • ラウンジ・・・世界中のラウンジが使い放題のプライオリティ・パスが付いている。*マークはスタンダード会員で1回27ドルかかるコース。
  • 格安・・・カードフェイスは黄金ですが、ゴールドカードらしからぬ年会費。

長いので気になるものだけピックアップすることをおすすめします。

三井住友カード ゴールド(NL)

カードフェイス三井住友カード ゴールド ナンバーレス(NL)
国際ブランドVISA/Mastercard
年会費5,500円(税込)年間100万円以上使えば、翌年度以降、年会費が永年無料。
還元率0.5%
ポイント名Vポイント
海外旅行保険最高2000万円(利用付帯)自動付帯分も最高300万円付帯。
国内旅行保険最高2000万円(利用付帯)自動付帯分も最高300万円付帯。

良いところ

  • 年間100万円以上使えば、翌年度以降、年会費が無料になる。
  • 年間100万円以上使えば、10,000ポイント(10,000円分)が貰える。
  • セブン−イレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドでコンタクトレス決済をすれば最大5%還元(一部対象外&コンタクトレス未対応の店舗除く)
  • ナンバーレスカードなのでセキュリティが高い。
  • 世間的にはしっかりしたクレジットカードのイメージが強く、どこで出しても恥ずかしくないカード。

悪いところ

  • 年間100万円以上使える方なら(特にポイント還元の面で)良く出来ているため特になし。
  • 年間100万円以上使わない方なら通常の三井住友カード(NL)で充分。

総評

三井住友カード ゴールドは以前は凡庸なゴールドカードでしたが、2021年7月1日にナンバーレスカードの三井住友カード ゴールド(NL)がスペックアップして誕生しました。従来の番号の記載がある三井住友カード ゴールドもまだ選択可能ですが、今ならよほどの理由がない限り、ナンバーレスが良いかと思います。

↓の画像は番号記載ありのタイプ(ナンバーレスは表面に姓名の記載もありません)

三井住友カード ゴールド(実カード)

年間100万円以上を1回でも使ってしまえば翌年度以降ずっと無料で持てるというのは精神的にも嬉しい。かつ、100万円以上使えば、ポイント還元に加えて、10,000ポイントのボーナスポイントも貰えるのでさらに嬉しい。

今、ゴールドランクの中でも最も優れているカードの1枚だと思います。

三井住友カード ゴールド(NL)(年間100万円以上利用すれば翌年度から年会費永年無料&10,000ポイント)
三井住友カード ゴールド(NL)は三井住友カードの上位版です。裏面に番号が記載されているタイプも用意されていますが、特別な理由がない限りはナンバーレスの三井住友カード ゴールド(NL)をおすすめします(主にお得度の面で)…
続きを読む

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

カードフェイスアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
国際ブランドAmerican Express
年会費31,900円(税込)
還元率0.3%
ポイント名メンバーシップリワード
海外旅行保険最高1億円(利用付帯)
国内旅行保険最高1億円(利用付帯)

良いところ

  • 旅行保険が充実している。
  • 個人事業主などでも作りやすい。
  • 2人で食べて1人分無料のグルメベネフィットは使いこなせればお得。
  • 海外で強い。
  • モテそう(参考)。

悪いところ

  • 年会費高い。コスパ悪い。
  • ゴールドとか言いながら実質他のカードのプラチナ。
  • 独り身だとグルメベネフィットを使いこなせない。
  • ベタすぎる?
  • ポイントが貯まらない。

総評

筆者は個人事業主という立場からゴールドクラスのクレジットカードが作りにくい時期にお世話になり、今も保有し続けています。未だに芸能人などの保有率は高いためか、お店で出して悪い印象を出すことは殆どないと考えられるかと。ブランド力で保有する面が大きいカードであることは間違いありません。

American Express ゴールドカード

ただ、コスパは相当悪いので、お得度を考える方は他のクレジットカードにしたほうが無難。特に独り身で異性との交流がないようでしたらグルメベネフィットを使い切れずに年会費を捨てることになります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックスゴールド)といえば、ステータスカードの象徴のような存在です。憧れのクレジットカードと認識している方も多いでしょう。 当サイトで取ったデートでモテるクレジットカード…
続きを読む

JAL CLUB-Aゴールドカード

カードフェイスJAL CARD CLUB-A GOLD
国際ブランドVISA/MasterCard(三菱UFJニコスとの提携)/JCB(JCBとの提携)/AmericanExpress(AMEXとの提携)
年会費17,600円(税込)AMEXは20,900円(税込)
還元率2.0%1ポイント2マイル換算
ポイント名JALマイル
海外旅行保険最高5000万円(自動付帯)JCBブランドは最高1億円(半分自動付帯、半分利用付帯)。
国内旅行保険最高5000万円(自動付帯)

良いところ

  • ボーナスマイルが多い。(入会ボーナス5,000マイル。毎年初回搭乗ボーナス2,000マイル。搭乗毎のボーナスフライトマイルの25%プラスなど)
  • ショッピングマイルプレミアム込みなので、年会費はそこまで高く感じない(マイルがデフォルトの状態で通常のJALカードの倍貯まる)。
  • 海外旅行保険が海外航空便遅延お見舞金制度や家族特約など充実している。

悪いところ

  • 飛行機にあまり乗らない陸マイラーだと年会費の元を取るのは大変。
  • 発行日数が4週間ほどかかる。

総評

JALマイルを貯めたい方なら必携ともいえるクレジットカードなので、悔しいことにあまり非難するポイントが見つからない。他に選択肢がないというのは正義。

ANAマイルよりもシンプルに貯めやすいので、JALマイルを貯めると決めているならおすすめ出来ます。ただし発行日数は4週間以上かかるという難点も。

ANA VISAワイドゴールドカード

カードフェイスANA VISAワイドゴールドカード
国際ブランドVISA/MasterCard
年会費15,400円(税込)
還元率2.0%1ポイント2マイル換算
ポイント名Vポイント
海外旅行保険最高5000万円(利用付帯)最高1000万円分自動付帯。
国内旅行保険最高5000万円(利用付帯)最高1000万円分自動付帯。

良いところ

  • 1ポイント=2マイルコース(通常年会費別途6,600円(税込))込みで、コスパは高い。

悪いところ

  • ソラチカカードなくなった・・・。

総評

ANAマイルを貯めるなら筆者ならこのANA VISAワイドゴールドカードを作ります。年会費もかなり安く抑えられるのでコスパは高いと言えるでしょう。

ただ以前はソラチカカードというカードと連携してよりお得な技があったので、その時と比べると魅力は下がっています。

ANA VISAワイドゴールドカード(ANAマイルをコストパーフォマンスよく貯める)
ANA VISAワイドゴールドカードは三井住友カードが発行するANAカードの上位版ゴールドカード。 国際ブランドはMasterCardも選択できますが、基本的にVISAブランドがメインとなるでしょう。 三井住友カードのゴ…
続きを読む

TRUST CLUB ゴールドカード

カードフェイスSuMi TRUST CLUB ゴールドカード
国際ブランドVISA/MasterCard
年会費13,200円(税込)
還元率1.0%
ポイント名TRUST CLUBリワードプログラム
海外旅行保険最高7000万円(利用付帯)
国内旅行保険最高7000万円(利用付帯)

良いところ

  • 還元率が平均して高い。
  • 旅行保険が利用付帯ではあるが、ゴールドカードの平均である5000万円より高く、家族特約も付帯している。
  • 楽天EdyやモバイルSuicaへのチャージでポイント付与。
  • 家族カード無料。

悪いところ

  • 誰も知らない。
  • 地味。
  • なんでDinersClubカードじゃないの?って言われる。

総評

現在日本でDinersClubカードを発行している三井住友トラストクラブのゴールドカード。年会費は高めではありますが、家族カードを発行されるような方なら特に、お得に使えるクレジットカードです。

旧シティゴールドカードからの後継カードですが、まだ知名度は低く、ゆえに、ステータス面に不安は残るかも。あとカードフェイスがとてもキラキラしているのもちょっと気になる。

ちゃんと価値があっておすすめできるゴールドカードはどれだ【2021年度】
ゴールドカードは年会費がピンきりですが、一般カードやプラチナカード、ブラックカードなど、全てのカードのランクの中で、最もコスパが重視されるランクだと考えます。海外に行かれる方は保険の面でほぼ必携と言われるのもこのゴールド…
続きを読む

JCBゴールドカード

カードフェイスJCBゴールドカード
国際ブランドJCB
年会費11,000円(税込)
還元率0.5%
ポイント名OkiDokiポイント
海外旅行保険最高1億円(利用付帯)自動付帯でも最高5000万円付帯。
国内旅行保険最高5000万円(自動付帯)

良いところ

  • 旅行保険が最高1億円と年会費に対して高レベルで付帯。国内・海外航空機遅延保険も付帯。
  • ステータスが高め。
  • 2年連続100万円利用でプライオリティパスも使えるJCBゴールド ザ・プレミアになる。

悪いところ

  • 海外旅行保険は充実しているものの、JCBの海外での利便性はハワイや台湾など以外ではまだまだ不安。
  • JCBゴールド ザ・プレミアまで育てるのに2年は長いかも。

総評

国内利用では良いカードなので筆者も作りました。

JCBゴールドカード

2年連続で100万円利用するとJCBゴールド ザ・プレミアになり、するとプライオリティ・パスも年会費1万円で利用できますし(100万円継続時、そうでなければプレミア利用料+5,000円)、ポイントも基本的には普通ですが、ECサイト含めて海外利用時はポイント2倍なのと、ポイントアップ加盟店がAmazon、セブンイレブン、イトーヨーカドー、エッソなど優秀なので、実はポイントも貯まります。

ただいかんせん、アメリカやヨーロッパにこれ1枚で行くのは不安なので、あくまで国内利用がメインです。

JCBゴールド(JCBゴールド ザ・プレミアに進化するカード)
JCBゴールド、JCBゴールド ザ・プレミアは2021年12月にデザイン変更。カード番号が裏面になり、JCBのタッチ決済が付帯します。 JCBゴールドは国際ブランドのJCBが発行するプロパーカード、オリジナルシリーズのゴ…
続きを読む

楽天プレミアムカード

カードフェイス楽天プレミアムカード
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
年会費11,000円(税込)
還元率1.0%
ポイント名楽天ポイント
海外旅行保険最高5000万円(自動付帯)
国内旅行保険最高5000万円(自動付帯)

良いところ

  • プライオリティ・パスが10,000円で付帯。
  • 海外旅行保険も自動付帯で付いている。
  • SPUで楽天サービスでポイントが特に貯まりやすい。

悪いところ

  • ゴールドカードなのかそれより上のランクなのかよくわからない。

総評

最もコストパフォーマンスよくプライオリティ・パスを手に入れるならこのカード(もしくはJCBカードを育てるか)。

楽天ゴールドカードが改悪をしたので(2021年4月から改悪)、楽天市場のヘビーユーザーの方でSPUを+4倍にしたければ、このプレミアムカード1択になっています。

楽天プレミアムカード

楽天市場では誕生日月などは特にポイントが貯まりやすいことは間違いありません。

ただ、あくまで楽天カードであり、店舗で出してドヤ顔が出来るタイプのゴールドカードではないのであしからず。

楽天プレミアムカード(プライオリティパス付きの上位版楽天カード)
クレジットカードにもさまざまな種類がありますが、最も周知されているクレジットカードといえば楽天カード。そんな楽天カードの上位版のクレジットカードがこの楽天プレミアムカードです。名称にゴールドカードという文言は付いていませ…
続きを読む

ビューゴールドプラスカード

カードフェイスビューゴールドプラスカード
国際ブランドJCB
年会費11,000円(税込)
還元率0.5%
ポイント名ビューサンクスポイント
海外旅行保険最高5000万円(自動付帯)
国内旅行保険最高5000万円(自動付帯)

良いところ

  • 新幹線や普通列車のグリーン車を利用する方は年会費の元を取るのは容易。
  • 東京駅のビューゴールドラウンジは結構便利。

悪いところ

  • 次年度もグリーン券などの特典をもらうためには100万円以上の利用が必要。
  • オートチャージは通常のView SuicaカードやビックカメラSuicaカードでも使えるのでゴールドを作る必要性は??

総評

ビューゴールドプラスカードを作る人の目的は、新幹線特急グリーン券や普通車グリーン券などが貰える入会特典がメイン。

初年度はそれでハッピーなのですが、次年度もその特典をもらう手間には年間100万円の利用が必要になります。これは多くの人にとってメインカードとして利用する金額だと思うので、オートチャージなどSuicaへのチャージや定期券がメインとなる(それら以外の還元率は低い)ビューカードではハードルが高め。

年間100万円もチャージしたり新幹線に乗ったりする方なら作ってOKかなとは思います。

ビューゴールドプラスカード(東京駅のビューゴールドラウンジの利用権利と豪華な利用特典)
ビューゴールドプラスカードは、ビューカードが発行している、ビューカード初のゴールドカードです。 ビュー・スイカカードの上位版という位置づけで、オートチャージや定期券一体型などの機能はそのままに、さらに特典がアップしたクレ…
続きを読む

dカードGOLD

カードフェイスdカード GOLD
国際ブランドVISA/MasterCard
年会費11,000円(税込)
還元率1%
ポイント名dポイント
海外旅行保険最高1億円(利用付帯)自動付帯でも最高5000万円付帯。
国内旅行保険最高5000万円(自動付帯)

良いところ

  • ドコモユーザーなら10%分のポイントが付くので年会費分はペイ出来る。
  • ケータイの紛失時にも10万円分補償。
  • 旅行保険も優秀(海外航空便遅延費用特約も付帯)。

悪いところ

  • docomoユーザーのみ・・・。

総評

docomoユーザーで、月に9,000円近く料金がかかっているようであれば、年会費分はペイをして、かつ、10万円分のケータイ補償と最高1億の旅行保険が付帯されるので機能としては優秀。dカードならではのマクドナルドでの3%オフもお得。

docomoユーザーなら作ったOKでしょう。デメリットはステータスがないくらい?

dカード GOLD(docomoのケータイ料金の支払いで高還元率)
dカード GOLD(ディーカードゴールド)はdocomoが三井住友カードと組んで発行しているクレジットカード。 通常のdカードでもポイントはそこそこ貯まりやすいのですが、dカード GOLDはドコモユーザーであれば、ドコモ…
続きを読む

Amazon MasterCardゴールドカード

カードフェイスAmazon MasterCardゴールド
国際ブランドMasterCard
年会費11,000円(税込)マイ・ペイすリボを形だけでも利用するなど各種条件を満たせば、最高で6,600円割引され年会費が4,400円(税込)。
還元率1%
ポイント名Amazonポイント
海外旅行保険最高5000万円(利用付帯)自動付帯分も最高1000万円付帯。
国内旅行保険最高5000万円(利用付帯)自動付帯分も最高1000万円付帯。

良いところ

  • Amazonで還元率2.5%。
  • 年会費にプライム代金が含まれる(カードを持っていればプライム代金が無料)。

悪いところ

  • デザインが金色のダンボール。
  • 店頭で出しづらい。

総評

Amazonでは還元率が2.5%でやっぱりお得。かつ、Amazonプライム代金が値上げしたことで相対的にお得度が増しました。

Amazon Mastercard ゴールドカード

また、AmazonはJCBカードなど他のクレジットカードでも還元率はある程度高くなるので、本当にこのカードじゃないと駄目なのかはよく考えたほうが良いでしょう。

あとデザイン的にあれなので、外で使っている人を見たことがありません。

Amazon Mastercard/Amazon Prime Mastercard(Amazonで1.5%/2%の還元率のカード)
Amazonは日本で三井住友と提携して、オリジナルのAmazon Mastercard(アマゾンマスターカード)というクレジットカードを発行しています。 Amazon MastercardはPrime会員以外の方、Ama…
続きを読む

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

カードフェイスセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランドAmerican Express
年会費11,000円(税込)
還元率0.75%
ポイント名永久不滅ポイント
海外旅行保険最高5000万円(自動付帯)
国内旅行保険最高5000万円(利用付帯)

良いところ

  • AMEXのゴールドなのでイメージが良い。
  • AMEXの各種サービスが使える。
  • セゾンアメックスプラチナにランクアップするとコスパが高い。

悪いところ

  • プロパーのAMEXゴールドではないことが分かる人にはわかってしまう。
  • 還元率低い。

総評

セゾンカードの社長がAMEXを口説いて作ったとされるセゾンアメックスシリーズのゴールドカード。まあ、正直、セゾンアメックスゴールドカードは、普通のゴールドカードです。セゾンカードなので西友やリヴィン、パルコなどで5%オフになりますが、それだけなら年会費無料のパールで充分でしょう。

なので、コスパが高いセゾンプラチナアメックスを作る気がない方以外はおすすめしません。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(ハイステータスのプラチナも目指せるAMEXゴールド)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは永久不滅ポイントで有名なセゾンカードが発行しているAMEXブランドのクレジットカード。 AMEXのカードが金色に輝いていると迫力があります。 セゾンパール/ブルー・アメリ…
続きを読む

エポスゴールドカード

カードフェイスエポスゴールドカード
国際ブランドVISA
年会費5,000円(税込)年間50万円以上の利用で翌年度以降永年無料。インビテーションで作った場合も無料。
還元率0.5%
ポイント名エポスポイント
海外旅行保険最高1000万円
国内旅行保険なし

良いところ

  • 招待されて作れば無料で持てる。
  • 年間50万円使えば、翌年度以降永年無料で持てる。
  • ただなのに国内の主要空港のカードラウンジ、仁川、ホノルル空港のラウンジを利用可能。
  • 自分の用途に泡あせてポイント3倍の店舗を選べる。

悪いところ

  • 招待を待つ必要がある(初年度無料ではないので、自ら申し込んだ場合は必ず初年度には5,000円を支払わなければならない)。
  • 旅行保険がもう少し付いていたら・・・。
  • ステータスはない。

総評

マルイをよく使う方ならエポスカードは保有していると思いますが、そのエポスカードを利用し続けると招待が来るカード。通常のエポスカードも多数の優待があるが、加えて、ポイントを3倍(還元率1.5%)にする店舗を3つ、自分で選ぶことが出来る。

さらに招待されて作った場合、年会費完全無料なのに、国内空港のラウンジ、さらに仁川空港、ホノルル空港のラウンジも利用可能。

全体的にとても優秀なのですが、旅行保険だけはとても心もとないので、コレ1枚で海外に行くことは避けることをおすすめします。

エポスゴールドカード(年会費無料で空港ラウンジ利用可能&ポイント還元率アップ)
エポスゴールドカードは、エポスカードの上位版ゴールドカードです。 基本的には完全招待制で申し込み不可なので、まずはエポスカードを作って、使い続けて招待を待ちましょう。 通常のエポスカードよりも全体的にバージョンアップして…
続きを読む

三菱UFJカード ゴールド

カードフェイス三菱UFJカード ゴールド
国際ブランドVisa / MasterCard / JCB / American Express
年会費2,095円(税込)
還元率0.4%
ポイント名グローバルポイント
海外旅行保険最高2000万円(自動付帯)
国内旅行保険最高2000万円(自動付帯)

良いところ

  • 銀行系。
  • なのに、やっすい。

悪いところ

  • カードは黄金だけど内容は一般カード。

総評

三菱UFJカード ゴールドは銀行系でしっかりしているように見えて、実は格安ゴールドカードというギャップを持ったクレジットカード。

特にポイントが貯まりやすいわけでもないので、格安で財布の中に金色のカードを保有しておきたい方向け。

三菱UFJカード ゴールド(年会費が安いゴールドカード代表)
三菱UFJカード ゴールドは年会費がとても低いゴールドカードです。なんと年会費2,095円(税込)で作れるゴールドカード。学生は申し込みが出来ませんが、申込資格は18歳以上なのでハードルは低いです。限りなく一般カードに近…
続きを読む

イオンゴールドカード

カードフェイスイオンゴールドカード
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
年会費無料
還元率0.5%
ポイント名ときめきポイント
海外旅行保険最高3000万円(自動付帯)
国内旅行保険最高3000万円(利用付帯)

良いところ

  • イオンカードがただでパワーアップ。
  • ただなのに旅行保険が結構ハイレベル。
  • ただでイオンのラウンジが使える。
  • ただなのに羽田のラウンジ使える。

悪いところ

  • 招待を待つ必要がある。
  • ただなのであまり文句はない。
  • ステータスはない。

総評

普段からイオンを使っている方、イオンカードを持っている方は積極的に狙っていきたい招待制のゴールドカード。

年会費無料ながら結構ハイレベルなので(当然年会費1万とかのゴールドカードには及びませんが)、インビテーションが来たら問答無用でランクアップしてしまってよいかと思います。

ここまでの内容で無料のクレジットカードには文句が言いづらいです。悔しいです。

イオンゴールドカード(イオンラウンジの利用権利がもらえる年会費無料のゴールドカード)
イオンゴールドカードはイオンカードの上位版ゴールドカードです。 既にイオンカード、イオンカード(WAON一体型)やイオンカードセレクトのいずれか(ディズニーデザイン含む)を保有していて、年間利用額が100万円を超えた方が…
続きを読む

結論

というわけで、筆者が実際に検討した各ゴールドカードの特徴を独断と偏見込みで羅列してみました。

羅列してきて、悪いところがあまりない、多くの人におすすめ出来るなと筆者が考えたゴールドカードは三井住友カード ゴールド(NL)です。ステータス性が高く、店頭で出しても恥ずかしくない、そして年間100万円使えば年会費が永年無料で、ポイント還元も優秀なので、現状隙がないです。

育てることでプラチナカードやTHE CLASSといった先があるJCBゴールドも良いなと思います。ただし、海外では弱すぎるので、ヨーロッパなどでは別のカードを使いますが、国内において、いわゆるゴールドカードというランクに対する要求は全て満たしていると言えるでしょう(筆者はゴールドカードには旅行保険の充実度を強く求めているというのもあります)。

もちろんこれはあくまで誰にでもおすすめ出来るゴールドカードを考えた場合で、例えばJALマイルを貯めるなら加えてJAL Club-Aゴールドカードを作ります。ご自身のニーズに合わせて考慮してみてください。その際に上記の意見の羅列が多少の参考になれば幸いです。